HOME > 家づくりのポイント > 資金のこと > 住宅ローン金利が上がるとどうなる?

家づくりのポイント

住宅ローン金利が上がるとどうなる?

    家づくりには欠かせない住宅ローン金利が、今、上昇しています。

    住宅ローン金利がわずかにアップしただけで返済額はこんなにも違います

    住宅ローン返済額の違い

    上の表は2500万円の住宅ローンを組んだ際の返済額の比較です。
    例えば1.35%の金利が1%上昇して2.35%になった場合、月々の返済額は13,000円、返済総額では530万円のアップになります。
    1.5%上昇した場合は、月々の返済は20,000円、返済総額は815万円のアップです。
    借入金額が大きいとわずか1%でも大きな差につながります。借入するなら金利が低い今がオススメです。

    景気回復で今後の住宅ローン金利は上昇する可能性も

    住宅ローン金利の上昇

    今は空前の低金利時代と言われています。しかし今後も続くかどうかはわかりません。
    金利は景気によって左右されます。なので景気が回復しつつある現在、住宅ローンで利用する人の多い「フラット35」などの借入金利は上昇傾向になっています。
    過去には数年で1.5%も上昇したこともあります。長く低金利の恩恵を受けるなら、1日でも早く家づくりをすることが重要です。

    私達は住宅ローンに関する悩み解決をお手伝いします

    銀行によって違う住宅ローン金利の選び方ひとつで、建てた後の支払金額が大きく変わります。なので、あなただけで判断しようとせず私達に相談してください。住宅ローンのプロフェッショナルがあなたの悩みを一緒に解決します。

住宅ローン・土地探しは私達におまかせください

あなたの役に立つ資料や情報をご用意しています。ネットから24時間いつでもお取り寄せいただけます。
資料請求や問い合わせしたからといって強引な売り込みは一切いたしませんのでご安心ください。

TEL0493-62-3696

受付9:00~18:00 水曜定休
    来店予約 資料請求 無料借入相談